通常、収入が全くない専業主婦の場合は夫や家族にキャッシングすることが露見してしまうものです。
ですが、たった1つだけ。誰にも知られることなくキャッシングをおこなう方法があるのです。
ずばりそれは「銀行カードローン」です。

銀行カードローンで専業主婦がお金を借りることができる理由って?

  1. 総量規制に引っかからないから※
  2. 総量規制の対象外であるため、専業主婦でも自分名義で借入が可能です。そのため、配偶者の同意が必要ありません。

  3. 収入証明の必要なし
  4. 収入が全くない専業主婦のため、借入枠が少額で設定されているコースがあるのが銀行カードローンの特徴です。少額なため、収入証明を提示する必要がないので本人確認書類を提出するだけで借入をおこなうことができます。


2010年の6月より、個人が借入をする際の上限が定まりました。
個人債務の合計が年収の3分の1を超過しては駄目だという規制です。
総量規制の対象となるのは、消費者金融・信販会社・クレジット会社。よって、無収入の専業主婦がキャッシングをおこなうことはできません。
しかし、銀行カードローンはこの総量規制の対象外。
そのため、収入がない専業主婦でもキャッシングをおこなうことができるのです。

ちなみに、どうして銀行が総量規制の対象外になっているかというと、銀行の遵守すべき法律が消費者金融などと違うからです。
総量規制があるのは「貸付業法」であり、銀行法ではありません。
そのため、銀行法に則り経営している銀行カードローンは専業主婦の借入を制限されることがないのです。ですから、夫の名義ではなく自身の名義で契約することができます。

銀行カードローンのメリット

  • 誰にも知られることなく自分名義で申し込める
  • 簡単に申し込むことができる
  • 低金利で返済の負担も少ない
  • 審査や融資までの期間が短い(即日融資が可能な場合も多い)
  • 夫の収入証明や同意書が要らない

このようなメリットがあります。
経営元が銀行ですから安心してキャッシングをおこなうことができるのもポイントです。

専業主婦にオススメのキャッシング

緊急にお金が必要な場合は即日融資をおこなっているところが良いでしょうし、なるべく低金利なところが良い、既に口座を持っているところが良い、など自分が求めている条件に合った専業主婦のカードローンを見つける必要があります。

「絶対に家族には知られたくない」という専業主婦の方は銀行カードローンを選ぶのが得策です。

消費者金融でも配偶者貸付制度がある?

ここまで銀行カードローンについてお話してきましたが、消費者金融の中にも「配偶者貸付制度」というものがあります。
これは配偶者である夫の同意書・婚姻証明書を提出すれば専業主婦であってもキャッシングができるというシステムです。
ただし、夫が既に年収の3分の1まで借入をおこなっている場合は借入することはできませんのでご注意ください。

また、消費者金融の消費者貸付制度には他にも問題点がいくつかあります。

  • 確実に夫にキャッシングすることが知られてしまう
  • 借入審査の時に夫婦二人の信用情報調査が入る
  • 提出書類が多い
  • 審査に時間がかかる

などです。
そして、書類の確認作業が通常より手間取るので、大手消費者金融は配偶者貸付をお
こなっているところがないのが現状です。

夫の同意書不要!家族には黙ってキャッシング可能

それとは違って銀行カードローンは配偶者の同意書・収入証明書などの書類を提示しなくても良いのが特徴です。
同意書や収入証明が必要ないから、家族に知られることなく借入をおこなうことができます。
収入を持たない専業主婦には有り難い金融商品と言えるでしょう。

ちなみに、本人だけでお金を借りることができるのは銀行カードローンのみとなっています。
銀行カードローンは夫の同意書が必要ないのはもちろんのこと、審査をおこなう対象も契約者本人だけ。
ですから、キャッシングをしたとしても夫の信用情報に記載されたりするのでは……という不安を抱えず済みます。

他の人に知られることなく、夫の信用情報に載ることもなく専業主婦が借り入れることができるのは銀行カードローンだけなのです。

もちろん、融資限度額の設定はありますが「銀行から借りられる」「金利が低い」という安心感から、専業主婦の銀行カードローン利用者は増えつつあるようです。

申し込みはネットからでもOK

店頭からでなくても、最近はネットから申し込むことができる銀行カードローンが多くなってきています。
パソコンからのアクセスでなくても、スマートフォンや携帯端末からでもアクセスできますし、深夜遅くても受け付けてくれるので困ったらすぐその場で申し込むことが可能です。
ちなみに、ネット申し込み以外にどんな申し込み方法があるかについては各銀行で違ってきます。

すぐに審査が終わってすぐにお金を受け取れる!

緊急でお金が必要になったときは、カードローンの中でも申し込んだその日に審査が終わってその日のうちに融資を受けることができるところがオススメです。
申し込み時間の締め切りまでに申し込めば、即日融資するという旨が記載されているカードローン商品も。
申し込み方法をネットのみにすることで、即日融資を実現しているところもあるようです。
即日融資を受けるためにはいくつか条件があります。
それは、

  1. 締め切り時間までに申し込みをおこなうこと
  2. 申し込み銀行の口座を既に持っていること

です。
カードローンを申し込んだ銀行の口座を持っていない場合、すぐに融資を受けることはできないのでご注意ください。

即日融資はいつでもできるわけじゃない

申し込んだその日に融資が可能という銀行カードローンでも、土日祝など休みの日に申し込んだ場合は別です。
土日祝でも変わらず即日融資をおこなってくれるところもないとは断言できません。

これには2つの事情が背景にあります。

  1. 審査する部署が休み
  2. 融資には審査が必須。
    しかし、申し込みは四六時中できたとしても、審査をおこなう部署が毎日休みなく稼働しているところは少なく、土日祝はお休みというところが大半です。

  3. 振込先の金融機関がお休み
  4. 振込で融資をおこなう場合、金融機関がお休みである土日祝はお金が振り込まれません。
    ですから、審査を通過したとしてもその日のうちに融資を受けることが難しいことがあります。
    これは平日も同様で、15時までに振込を完了させないとその日のうちにお金が振り込まれないという事態も発生します。

「そうは言うけど、どうしても土日祝に申し込んですぐに融資を受けたい」ということであれば、自動契約機がある銀行カードローンを選ぶことをオススメします。
もちろん、自動契約機の営業時間も決まっていますが営業時間内に契約をすれば、契約締結後、ATMで借りることが可能です。
その他の方法としては、平日にネット申し込みにて契約を済ませておくという方法もあります。
ネットで契約を済ませておけば、土日祝でも深夜でも問題なくキャッシングをおこなうことが可能ですよ。

ちなみに、ローンカードが必要となる時は、郵送という選択肢以外にも自動契約機で発行することができるようにしている銀行もあります。
即日お金を得たいということであれば、ローンカードをすぐに入手できる自動契約機ありの銀行か、もしくは振込融資をしてくれる銀行を選ぶのが良いでしょう。

自宅に届く書類で家族バレしないかどうか

カードローンを申し込むと、契約書・カードは自動契約機で受け取るという方法を取らなければ自宅に書類が自宅に送られてきます。

しかし、ご安心ください。
郵送されてくる封書にはカードローン会社の名前は記載されません。銀行の名前が書いてあります。
なので、家族がその封書を開けてしまうことがなければバレることはないでしょう。
ちなみに、利用明細書はWeb上で確認できるようにしているカードローンが多いです(ほぼ全部と言っても過言ではないでしょう)。

電話で在籍確認はあるのか?

働いていない方(専業主婦も含め)がカードローンを申し込むときは、契約書に記載した自宅電話番号か携帯電話番号に電話がかかってきます。
自宅にかかってきたら、家族にカードローン利用を知られてしまうかもしれない、と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、在籍確認の電話ではカードローン会社を名乗ることはないので銀行もしくは金融会社の名前、担当者個人の名前でかかってくるので家族バレする確率は低いと言えます。
ちなみに何故、会社名を名乗らないかというと第三者に契約者のプライバシーを洩らさないためです。
それでも不安なのであれば、契約時に「在籍確認は携帯にお願いします」と言えば良いでしょう。

返済額が毎月少額・金利が低いという嬉しいメリット

  • 返済額が毎月少額で済む!
  • カードローンの返済はリボ払いが大半です。
    決められた返済額が毎月請求されるので、支払い予定が立てやすいのが特徴。
    ちなみに、毎月返済する額はキャッシングしている金額によって変動します(よって、借入額が増えると返済額も増加します)。
    最低の返済金額はカードローン商品によって異なりますが、10万円借り入れているとすれば、月々2000円から10000円までの間で返済をしていくことが多いようです。

  • 銀行カードローンは金利が低い!
  • 銀行が展開してるカードローンは、消費者金融のキャッシング商品よりも低金利というメリットがあります。
    月々の返済する金額は同じだとしても低金利だと利息の支払いが少なく済むためお得です。
    無職である専業主婦がキャッシングをする場合は、キャッシング上限額が低いので、金利は法律で設定された上限ギリギリのものが適用されていることが多いです。
    それを鑑みても、銀行カードローンは消費者金融が定めている金利よりも低いです。

このように、銀行カードローンなら家計に過度の圧迫を与えることなく返済をすることができます。

審査内容

キャッシング審査で注視されるのは、

  1. 収入
  2. 年齢
  3. 借入状況

です。
最初に申し出たことに虚偽があった際は審査に通ることはありませんから、借入状況などについて嘘を吐くことはしないようにしましょう。
間違えてしまった場合も虚偽申告したということになるため、申告には細心の注意が必要です。
借入状況は信用情報機関へ問い合わせをおこなった上で審査しますから、少なめに言うのは得策ではありません。

あらかたの審査が終わって大詰めに入った段階で勤務先への在籍確認が入ります。
この電話は、確実に勤めているかどうかを知るためのものなので金融機関の名前は名乗らずに担当者個人の名前でかかってきます。ですから、カードローンに申し込んだことを会社に関知されることはないです。ご安心ください。

結果の通知方法

審査が終わり、融資の可否についての連絡は最短で30分、遅いと1週間ほどかかります。
申し込み先や審査内容によってこの期間は変化します。
結果の通知方法は電話もしくはメール。書類での通知などがありますが、Webから申し込んだ場合や自動契約機で申し込んだ場合はその場で通知を受け取ることが可能です。

最終段階!契約に間違いがないかチェックしてカードを受け取る

カードローンの審査が無事終了したら、まずは契約に間違いがないか確認するようにしてください。融資額などに間違いがないことをチェックした上で、本人確認書類(運転免許証や健康保険証)などの必要書類を借入先へ提示します。

必要書類提出方法

  • 店頭の場合……その場で提出
  • 郵送の場合……届いた契約書類を記入の上、必要書類を一緒に入れて返送
  • インターネットの場合……専用のアプリやメールフォームから本人確認書類の写真などを提出

ちなみに、銀行カードローンは既に手元にあるキャッシュカードをローンカードとして使用することもできますよ。

専業主婦でも借りられる!?配偶者貸付ってどんなもの?

配偶者貸付というのは、夫婦の年収の3分の1まで融資を受けられる制度のことです。

例えば、
夫の年収が500万円+妻の年収が100万円=600万円の場合、
合計年収である600万円の3分の1「200万円」まで借り入れることができます。

ただし、この配偶者貸付という制度を利用してキャッシングをする場合には普通のキャッシングでは必要のない書類を用意する必要が生じます。
その書類とは、以下の通りです。

  1. 同意書
  2. 信用情報をキャッシング会社へ提供することと、キャッシングの契約をおこなうことについての同意書を、配偶者に書いてもらわなければなりません。

  3. 婚姻関係を証明する書類
  4. 戸籍抄本や住民票など、配偶者とわかる書類が必要です。
    事実上の婚姻関係にあるのなら、書類に「未届」という記載があるのが条件になります。

  5. 収入証明
  6. 借入金額によって必要となります。

ということで、配偶者貸付を使ってお金を借りる場合、夫や妻に内緒でキャッシングをすることは難しくなります。

女性専用ローンを用意しているみずほ銀行

「みずほMyWing」という女性専用キャッシングローンがあることをご存じでしょう
か。
名前の通り、女性のみが申し込み対象となるローンのことで、みずほ銀行の窓口で簡単に手続きをおこなうことが可能です。
キャッシングローンをするのに窓口へ行くのはちょっと……という女性もキャッシングしやすいよう、ネットを通じてスマートフォンやパソコンから申し込むこともできます。

審査の可否は最短で即日わかります。
ただし、申し込みが営業時間外だったり審査内容によっては翌営業日より先の回答となることもあります(みずほ銀行の口座を持っていない方も同様)。
みずほ銀行口座を既に持っていて、なおかつ早めの時間に申し込みをおこなえば、即日融資を受けることもできるため、非常にオススメと言えるでしょう。
急な入り用でも安心です。
何と言っても借入先が大手銀行・みずほ銀行という安心感もあります。

「みずほMyWing」の利用は安定収入がある女性が対象です。しかし、専業主婦についても配偶者が安定した収入を得ている場合はOK。
借りる場合に配偶者への確認は不要となっています。
なので、「旦那には自分がお金を借りることを知られたくない」という専業主婦の方も内緒でキャッシングすることができますよ。

家計が火の車!専業主婦の悩み

毎月ギリギリで家計を回している主婦にとって、予想外の出費は非常に頭が痛いもの。
余裕資金がない状態で急なお金が必要になると、悩んでしまいますよね。
最初からキャッシング・カードローンサービスの契約をしている方ならお金を追加で借りることもできるでしょうが、用意周到に準備している方は少ないはず。
カードローン会社の中には即日審査・即日融資をウリにしているところもあります。
すぐにお金が必要ということであれば、即日審査・融資ができるところを選びましょう。

本人確認書類があれば借入可能

基本的に専業主婦が対象となる専用カードローンの場合、配偶者の収入を証明する書類・同意書、婚姻関係を証明する書類などは必要ありません。
必要なのは、本人であることを確認できる書類のみです。
本人確認書類として有効なのは、運転免許証や健康保険証などになります。
提出方法は多岐にわたり、オーソドックスなものはスマートフォンの専用アプリを通して送るという方法、メールで送る方法などがあります。
ちなみに、自動契約機を通してカードを受け取る時に本人確認書類を読み取る必要がありますから、出向く際は忘れないようにしてください。

申し込んだその日のうちに融資してもらうには?

「即日融資」を謳っているカードローンは色々あります。
中でも有名なのが「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」です。他にも自動契約機があるキャッシング会社であれば即日融資が可能。

また、「イオン銀行カードローン」などの銀行口座を既に自分が開設住みなところを選ぶというやり方があります。

ちなみに、カードローンの手続きの流れは、

  1. 申し込む
  2. 本人確認や在籍確認(在宅確認)などの審査
  3. 契約
  4. カードを発行する

というものになります。

主婦がヤミ金からお金を借りてる!?

最近、法律違反の金利でお金を貸す金融会社――ヤミ金でお金を借りてしまった専業主婦の被害報告が広がっているようです。
ヤミ金と主婦。一見結びつきがないように思える両者。ですが専業主婦だからこそ、違法な業者から借入をおこなわざるを得ない事情があるのです。
当記事ではその事情についてご紹介していきます。

貸金業法が改正されてしまった

貸金業法が改正されてしまったことで、「借り入れることができるのは年収の1/3まで」という制約がついてしまいました(総量規制と言います)。
消費者金融は貸金業法に則って運営しているため、収入のない主婦がお金を借りられなくなってしまったのです。

のっぴきならない事情を抱えている

主婦がキャッシングする理由はギャンブルなどではなく「生活費」や「子供の養育費」などのお金が足りず、お金を借りるしか後がないということが多いです。
お金が足りないことで子供に不自由な思いをさせたくないという思いから、家族に相談することもできず孤独に悩みを抱えていることもあります。

ヤミ金のイメージが変わっている

一昔前は「ここはヤミ金だから危険だ」とハッキリしているところばかりでした。
しかし、現在は柔らかで穏やかな言葉を駆使し、顧客に対する応対もしっかりしているところばかり。
キャッシングをしたことのない主婦の中には、自身が手を出したのがヤミ金だということを知らないまま融資を受けてしまう人もいます。

ソフトヤミ金は主婦が狙う

ソフトヤミ金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ヤミ金の中でも金利や取り立てがソフトなもののことです。
普通のヤミ金と比較すると低金利で対応が優しく、すぐには威圧的な取り立てをしません。

そんなソフトヤミ金の手口は様々。
金策に悩む専業主婦に狙いを定め、求人広告を打ち出して問い合わせをしてきた主婦の相談を聞き、自然とキャッシング契約の流れに持っていくというケースもあるとのこと。
お金の悩み以外の悩み(家庭や自分のこと)も聞くことで洗脳して契約している人にも更に多額のキャッシングをするよう仕向けるところもあります。
一度洗脳してしまえば、違法金利で取り立てたとしても自分が被害に遭っているという考えに至らないからです。

貸金業について知っておこう

ヤミ金の被害に遭ってしまう専業主婦の多くは、貸金業について何も知らない方が多数いるようです。
「ヤミ金なんて、私とは縁遠いところにあるものだ」と思っている方もいるでしょう。
ですが、ヤミ金は思いのほかすぐ傍に存在しているのです。
自分には関係ないと思うことなく、貸金業について学んでおくことが自衛方法となります。

配偶者の会社への電話があるかどうか

無収入の主婦がキャッシングをする際は、夫が安定した収入を得ていることが必須条件となります。
審査する時には夫の年収・属性などが関わってきますから、夫の勤務先へ電話しますと言ってくるカードローンもあるようです。

夫の勤務している会社へ電話はしない

カードローン会社は基本的に本人確認書類があれば契約は可能と定めています。
専業主婦であるということは、申し込みするときに既に記入済みなはず。カードローン会社も申込みをするのが無職の主婦だということは既に把握しています。

申込みするのが会社勤めをしている方なら、会社へ在籍確認などの電話が入ります。
しかし、専業主婦がカードローンを申し込んだからと言って配偶者の会社へ連絡を取ることはほぼありません(中にはおこなう会社もあるようですから、契約する際は注意してくださいね)。

自宅電話への確認電話はかかってくる

カードローン会社ということは言いませんが、自宅の電話が繋がるかどうか確認するため、固定電話番号への連絡が来ます。
ちなみに固定電話を持っていない方の場合は申込みをした際に記入した携帯電話番号へ連絡がいくことも。

家族にカードローンを利用していることが明るみにならない工夫がされている

カードローン会社の方も、専業主婦の方が「家族に借入していることを知られたくない」と思っているのはわかっています。
そのため、カードローン会社名を名乗ることなく、担当者の名前だけを告げるところ、もしくはカードローン会社とわからない社名を名乗るところなどが多いようです。
ちなみに、どんな内容の電話が来るかですが、とてもシンプルな本人確認だけになります。
キャッシング理由・申込み内容について、詳しく質問されることはないので安心してください。
かなり短時間で確認電話は終了しますよ。